初夏の一日

6月 08

P1010780

 

我が息子達も通っている小学校から、4年生の子ども達が桃園の参観にやってきました。

桃園といっても、80歳のヨシダじいさんがやれる範囲でやっている小規模なもので、今年は特に毛虫に花を食われたとかで、実の数もまばら。

それでも残った実は立派に成長していました。

P1010779

 

ヨシダさんの話をじっと聞く4年生。

この中にウチの長男もいます。小学校からここまで道案内を務めたようで、日ごろのとんちんかんぶりからは想像もできないちゃんとした引率に、お父さんちょっと感動…。

この桃がサルなどの餌食にならず最後まで育てば、夏休み前に4年生で食べれるかもしれません。

 

P1010760 P1010759

48ロットのひよこ達も40日を過ぎて、いよいよ後ろの方の囲いもとっぱらい、全開放となりました。

初夏の日差しを浴びて気持ちよさそう。

ちょっと人間が動いたりすると、全体でざーっと反対側に寄って、人間の子どもと変わらないですね。

ひょこと言っても、姿形はもう鶏になりかけていて、未だにぴよぴよという声とのアンバランスが奇妙な感じ。

P1010758

 

この日は久しぶりに鶏舎の屋根に上って作業をしました。

たまに屋根へ上がると、景色が新鮮です。

P1010761

…ああ、ちょっと屋根が汚いですね。なにぶん年代物なので。

もう数十年になろうかという鶏舎ですが、立派に雨風を防いでくれています。

 

P1010762

 

最後に屋根の上から、一枚。

上から顔がのぞいたのでちょっとわらわらとしています。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です